札幌市-大通-スワン アイ クリニック(札幌市中央区大通西:眼科)

文字の大きさ
スワン アイ クリニック|札幌市中央区大通西 スワン アイ クリニック|札幌市中央区大通西

スワン アイ クリニック|札幌市中央区大通西
飛蚊症(ひぶんしょう)
飛蚊症(ひぶんしょう)とは?
目の前に目を動かしてもついてくる、透明な糸くずのようなものや黒いモヤモヤしたものが見える症状のことです。 飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方や、特に近視の強い人に多く見られます。ほとんどの場合は硝子体(眼球の中の大部分の容積を占めるゼリー状の物質)の病気ではない混濁によるものです。しかしながら、特に急に増えてきた飛蚊症の場合、網膜がひっぱられて、穴があいてしまう網膜裂孔がおきていたり、目の中で出血をきたしている場合がしばしばあります。網膜裂孔や網膜剥離の場合、早期のレーザー治療や手術を要しますのでこのような症状がでたら、早く眼科を受診してください。
治療
ほとんどの場合は治療の対象にはなりませんが、網膜裂孔・網膜剥離やそのほかの目の病気などが原因で起きている場合はそれぞれの病気に対する治療が必要です。